借金をする時には契約書を確認するべき

借金をする時には契約書を確認するべき

借金は消費貸借契約です。そして、この契約は、当事者間で金銭の授受があり、返還約束があれば要件を満たす要物契約です。
つまり、別段契約書が交わされていなくても法的には契約が成立することとなります。もちろん、そのままだと後から借金について当事者間に争いが生じてしまうため、通常は契約書を交わしておきます。
この中に、返還期限や金額、利息についての合意が示されます。そして、この契約書はのちに法的紛争が生じた際に証拠となるので、中身はよく確認するようにしましょう。前述の通り、文書を交わさなくても契約は成立します。
しかし、それを証明するためには証拠が必要です。そして、契約書が裁判で証拠となるわけですが、その中身が証拠となります。
つまり、当事者間で想定していた条件と異なる内容が書かれていたとしたら、自分の方でその中身は間違っていることを立証しなければ負けてしまいます。
そのようなトラブルを避けるためにも、文書の中身はよく確認しておくべきです。

企業は借金をしている

企業が経済活動を行っていく上で必要なのはお金であり、銀行から融資をしてもらうというものがあります。このとき、会社は銀行から借金をしている状態となり、将来には返済をするという義務が課されています。
銀行から借金をしているのは小さな会社から大手企業まであり、さらに次のように分類をしていくことが可能です。製造業といった第二次産業や小売業といった第三次産業などといったものまで、広く融資が行われています。
なお、銀行から融資をしてもらったときにはそのことについての記録をするということが求められます。財務情報を公表している会社では、お金をいくら借りているのかを知ることができます。
銀行から借金をしている企業は小さなところから大きな会社まであり、業種も幅広いと指摘することが可能です。いずれの会社においても、必ず返済をするということが求められている点は共通しています。
そのため、いずれの会社でも返済する金額を把握しておくということが極めて大事になります。

おすすめWEBサイト 5選

雛人形を用意

2018/1/25 更新

CONTENTS

『借金 書類』 最新ツイート

@PunkishDahlia

気に入った物件をおさえて早2ヵ月。普通ならもう引越しできる頃だけど、売主と債権者と銀行の間でトラブっててまだ契約すらできてない。しかもまた売主に借金発覚...。。。こちらはいつでも契約できるように書類や現金を用意して準備万端なのに… https://t.co/S8VWeerR5Q

6時間前 - 2018年09月21日