借金の消滅時効の援用とは

借金の消滅時効の援用とは

借金には時効が存在しており、仮にその時効が成立したときにはお金を貸した側の債権者は、債務者に対して借金の返済を迫ることができなくなってしまいます。
この時効が成立する期間はお金を借りた相手によって異なり、個人相手にお金を借りた場合には5年、消費者金融や銀行などの法人からお金を借りた場合には10年となっています。
そのため、最後に借金の返済を行ってから前述した期間内に債権者が何のアクションもとらない場合には時効が成立することになります。
ただし、実際に時効を成立させるには時効の援用を債務者が行う必要があります。
この時効の援用とは、時効が成立したということを債権者側に伝えることで、援用が行われなかった場合には時効が完全に成立しないということになります。
そのため、時効が過ぎた場合には、その状態をただ放置しておくのではなく、債権者側に時効が過ぎたということを伝えなくてはなりません。
この手続きがない場合には、時効を迎えたとしても借金がゼロになることはありません。

借金の弁護士への相談について

最近は簡単にお金を借りられるようになっているため、ついつい借金をしてしまうことが増えています。
そのためその借りたお金の返済が問題になりやすく、お金の返済をどうするべきか悩んでいる人は多いです。
そういう時は弁護士に相談をすると、簡単に問題の解決ができます。
借りたお金の問題は法的な処理をすれば、すぐに解決をすることが可能です。
借金の問題を解消できる方法はたくさんあり、専門家に相談をすれば短時間で対処をしてくれます。
具体的な方法としては自己破産や債務整理がありますが、その人の借りているお金の度合いに応じていろいろな方法があります。
ですからお金を借りていて問題が起きた時は、早めに弁護士に相談をした方がいいです。
こういう業者は最初の相談は無料で受けられることが多いので、負担無しでどうすればいいのか話し合うことができます。
仕事を依頼する時の料金も安くなっていますから、簡単に借金の問題を頼むことができるので便利です。

recommend

Last update:2017/5/22

CONTENTS

『借金 弁護士』 最新ツイート

@fuzoku_nikkyu

風俗業の女性、法でテラス 弁護士ら、大阪などで相談会 離婚や借金、源氏名でも - 毎日新聞 https://t.co/49M6x1roV7

19分前 - 2017年11月19日


@kokutou6286

必要も感じないし意味もわからないしわかりたくもない --- 広がる「給料前払い」サービス、法律上は借金? 中にはグレーなものも…課題を検証 (弁護士ドットコム - 11月18日 10:42) https://t.co/alb3ts0rYF

25分前 - 2017年11月19日


@sinyuriga

うちの実家から500万も借金しててあれかよ。昨日からホテル~墓が遠いと超キレて、お墓の掃除もお参りもできないまま帰宅。 もう弁護士頼むわ。最低だよ。ゴミ野郎だわ

46分前 - 2017年11月19日